日本精米工業会について – 概要

/日本精米工業会について – 概要
日本精米工業会について – 概要 2018-07-18T10:12:01+00:00

名称

一般社団法人日本精米工業会(略称「精米工」
英語表記 Japan Rice Millers Association, Inc. (略称「JRMA」)

所在地

〒103-0001 東京都中央区日本橋小伝馬町15-15 食糧会館
TEL : (03) 4334 ‐ 2190 FAX : (03) 3249 – 1835

目的

精米技術及び精米工場についての調査、研究開発等を行うことにより、製品精米等の品質及び精米技術の向上並びに精米工場の合理化等を図り、精米工業の健全なる発展に資するとともに、国民食生活の向上に寄与することを目的としています。

設立の経緯

1950年代に入り、わが国の経済が目覚しい発展を遂げてコメの需給事情が安定するに伴い、消費者の食生活に対する欲求は量より質に移行しました。毎日食べるごはんについても、安い価格とともに品質のよいものを要望するようになったことから、米穀業界は自ら積極的に大型精米工場の建設を進めました。
一方、国においても時代の流れに沿う消費者対策としてコメの消費拡大と流通改善の見地に立って、これへの協力と小袋詰精米の推進を図りました。
このような推移の中で、1969年社団法人日本精米工業会は設立され、その後わが国の大型精米事業の発展を担ってまいりました。
2012年4月1日、社団法人日本精米工業会は、内閣総理大臣の移行認可を受けて、一般社団法人に移行いたしました。

会員数

会員種別会員数工場数
正会員:第1種209230
正会員:第2種2626
賛助会員47

※平成30(2018)年7月1日現在